読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

art × social × blog

日常のこと、スポーツやアートのこと、仕事のこと

仕事終わりにオペラ観劇……但し映画館で……

ライブっていいですよね。
私の場合、ライブというと主に演劇の公演になるわけですが、劇場の中で舞台上の世界と一体になる感覚は、生きるための活力となり、クリエイティブな感性に刺激を与えてくれる非常に貴重なものです。

できるだけ「これ」と思った公演には足を運ぼうと思っていますが、通常の演劇で7000〜8000円、オペラだと10000円以上、海外のオペラ公演だと20000〜30000円と相応にコストもかかりますし、人気の公演はチケットが取れないこともしばしばです。そもそも海外のオペラ座の公演などはそうそう東京に来るわけでもありませんし、気軽に楽しむには少しハードルの高い趣味とも言えます。

昨年はミラノスカラ座、ロンドンのナショナルシアターと、現地で生の公演を観に行くことが出来ましたが、特にナショナルシアターの公演は素晴らしく、できることなら何度でも現地に行って観劇したいと真剣に思えるくらいの大きな感動がありました。
もちろんロンドンに行くには時間もコストもかかりますし、そんなに気軽に本場の舞台を観に行けるものではないですよね。。

そんな中、最近よく出かけるのが映画館での演劇やオペラの上映です。

前述のロンドン・ナショナルシアターの上映もありますし、オペラだとこちらもロンドンのロイヤルオペラや、ニューヨークのMET(メトロポリタンオペラハウス)は毎年のシーズンに合わせて全世界で上映されています。

今年に入ってから観に行ったタイトルを以下に挙げます。

ブラナー・シアター・ライブ

いずれもケネス・ブラナー演出による、シェイクスピアの「冬物語」「ロミオとジュリエット」、ジョン・オズボーンの「エンターテイナー」の3作品が上映されましたが、私はジュディ・デンチ出演の「冬物語」を観に行きました。
ケネス・ブラナージュディ・デンチの迫真の演技は言わずもがなの素晴らしさですが、個人的には舞台転換の妙(実に考えつくされた装置とすばやい転換は驚きでした)が印象に残った作品でした。

「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン」公式サイト

ロンドンのロイヤルオペラハウスの2016/17シーズンは6本のオペラと6本のバレエの上映です。
その中で今回観に行ったのは、オッフェンバックのオペラ「ホフマン物語」とヴェルディのオペラ「イル・トロヴァトーレ」の2本。

圧倒的な美術と壮大な演出に酔った「ホフマン物語
昨年行ったロンドンはこの「ホフマン物語」の公演がスタートする直前で、今更ながら生で観れなかったのが本当に悔しい……(私よりも1週間長く滞在した妻はしっかりコヴェントガーデンで公演を観ていて羨ましいかぎり……)

イル・トロヴァトーレ」はアズチェーナを演じた、アニタ・ラチヴェリシュヴィリの傑出した演技が今でも鮮明に記憶に焼き付いています。個人的に「イル・トロヴァトーレ」という作品を今ひとつ理解できなかったのですが、今回のアニタ・ラチヴェリシュヴィリのアズチェーナによって、作品世界が一気に理解できたような気がします。アズチェーナの複雑な心情と運命が完璧に表現されていた凄まじい演技でした。


今シーズンはまだ観に行けていませんが、METのライブビューイングも気になります。
ダムラウ、グリゴーロ出演の「ロメオとジュリエット」を見逃してしまったのは不覚でしたが(この上映も妻はしっかり観に行っていて凄い)、6月のルネ・フレミング出演の「ばらの騎士」は見逃せません。
METライブビューイング:オペラ | 松竹

今年のラインナップはまだ公開されていませんが、ロンドン・ナショナルシアターのライブも楽しみです。
昨年のベネディクト・カンバーバッチ主演の「ハムレット」は衝撃でした。この「ハムレット」を観たからこそ、昨年のロンドン旅行では是が非でもナショナルシアターで生の公演を観たいと思ったのでした。
実際に現地で観たのは「アマデウス」でしたが、映画版とはまた違った鮮明な迫力とメッセージ性が強く印象に残っています。
昨年亡くなられた本作の作者ピーター・シェーファーの偉大さをあらためて実感した素晴らしいプロダクションでした。
www.ntlive.jp

世界屈指の舞台を映像上映とはいえ、劇場で楽しめるのはありがたいですね。
ロンドンやニューヨークに行かずともカジュアルに楽しめるのは大きな価値かと思います。
もちろん現地で生の公演を観る価値はかけがえのないものではありますが、こうした上映からも少なからず活力や刺激を得ることが出来ます。
仕事終わりにオペラ観劇。
日常のアクセントとして、これからも楽しみたいと思います。

f:id:matsu_nao:20170323003912j:plain:w450

海外旅行、特にヨーロッパでは必携のデビットカード!!!さらばユーロコイン、さらばポンドコイン

今年は海外旅行をする機会が2度あり、そこでまさにVISAデビットカードが非常に活躍したことを報告します。

【関連エントリ】
ヴェネツィア路地散歩……霧の夜のバール巡り - art × social × blog
台北のカフェ巡り!レベルの高いカフェが多くてさすが茶藝の国、台湾 - art × social × blog

ヨーロッパでは当たり前!!驚きの普及率

ヨーロッパ、特にロンドンに行って思ったのは、デビットカードがあまりにも普通にカジュアルに使われていることでした。
スーパーのレジにはもちろんのこと、街中の小さなカフェにも、レジ脇には必ずデビットカードリーダーが備え付けられていました。ロンドンで立ち寄ったお店にはほぼ100%カードリーダーがあったように思います。
そして、そのカードリーダーにごく普通にカードを差し込んでpinコードを打ち込むご老人の姿を何度見たことか!(もちろん若者も普通に使ってる様子は何度も見ました)

発行枚数を見ると、クレジットカードが約7,300万枚であるのに対して、デビットカードは約7,600万枚が発行されています。イギリスでカード利用の対象となる成人人口は4,500~4,600万人と言われますので、平均すると1人当たり1.5枚のデビットカードを持っていることになりますね。つまり、英国民にとっては、デビットカードのほうがクレジットカードよりもメジャーな存在になりつつあります。

出典:イギリスに見るデビットカードの普及事情 | NFC & Smart WORLD

驚きですね!イギリスではクレジットカードよりもデビットカードの方が発行数多いんですね。
妻がクレジットカードで会計しようとスーパーのレジでカードを店員に渡したところ「え、デビットカードじゃないのかよ〜」とばかりにあからさまに面倒くさそうに対応されたのには驚きだったわけですが、たしかにデビットカード当たり前の当地ですし、お客さんが勝手にpinコードを入力すればOKデビットカードに較べて、わざわざサインを貰わなければならないクレカは店員にとっては面倒でしかないですよね。
郷に入っては郷に従え……ではないですが、特にロンドンにおいてはクレジットカードを使うよりも、デビットカードを使うことはオススメできるかと思います。

コインレス最高!!慣れないユーロコイン、ポンドコインを使う面倒から解放されます

実際、ヨーロッパでデビットカードを使った最大の理由はこれでした。
慣れない硬貨を使うのが本当に面倒で、何も考えずにサッと支払いのできるデビットカードはまさに救世主といえる存在です。
まぁ慣れれば平気なんでしょうが、わずか数日の旅行でそれぞれのコインの大きさや形状、色を覚えて正確に使い分けるのは辛いと思うんですよね。
http://www.euinjapan.jp/wp-content/uploads/uid000004_20090220232019fb4d0948.jpg
出典:ユーロと単一市場 / 欧州連合 – EU – 駐日欧州連合代表部
http://uk-kankou.com/wp-content/uploads/2013/08/British_coins1.jpg
出典:イギリスの通貨の種類 | イギリスロンドン 観光留学攻略ガイド

なんでしょうか、このマチマチな大きさに形!!
1ユーロよりも50セントの方が大きいかったり、ポンドなんて50ペンスと20ペンスは円形ですらないですからね。
特に大きさはちょっとしたトラップですよね……まぁ大きさだけでなく厚さでも判別はできるので、慣れれば平気だとは思うんです……慣れれば……
でもミラノ〜ヴェネツイアで4日、ロンドンなんて2日しか滞在しないわけですから、もう使いこなすのなんて最初から諦めました(だってデビットカードで充分だし)
というわけで、硬貨の使い分けから解放された今回の旅は非常に快適な買い物&飲食を楽しむことができました。

いくら両替するかなんてもう悩む必要なし!ATMでお金を引き出せる幸せ

今年の台湾旅行の直前にVISAデビットカードを作った私ですが、これはもう大正解でした!
いままでは空港の両替カウンターでまとまった額を両替して……その現金をなんとかやり繰りして過ごしてきたわけですが……
いや、ATMって便利ですよね!
普段日本では当たり前に使っているATMですが、それが海外で使えるとは!
もちろんクレカでキャッシングするというATMの使い方もありますが、クレカは所詮クレカ
デビットカードで自分の口座から直接引き出す安心感と、クレカのそれとはやはり違いますよね。
安心して、街中のATMから必要なときに必要なだけ現金を引き出せる。ただそれだけのことがこんなにも幸せなことだとは……
そして、余分な現金を両替することもなくなるので、これは実に経済的でもありますね。
帰国してから思った以上に余ってしまった通貨を空港で再度日本円に両替することってあると思うんですが、「必要なときに必要なだけ引き出す」デビットカードだと、この余分が解消できるんですね。

手数料の話

ちなみに、空港や銀行で両替するのと、現地のATMで引き出す手数料、いったいどっちがお得なの??って話もあると思います。
実は私はそこまでシビアに計算してデビットカードを使っていたわけではなかったです……
そこで今回あらためて調べてみて気づいた事実

VISAデビットの国内・海外・ネットショッピングでの使い方 | 三菱東京UFJ銀行
海外キャッシュサービス|クレジットカードの三井住友VISAカード

クレジットカードでキャッシングした場合と、デビットカードで引き出した場合でいうと、手数料はどちらも108円/回で同じなのですが、デビットカードの場合はそこに別途

海外でのご利用については、Visaが定める為替レートに、当行所定の海外事務手数料(3.0%)を上乗せしたレートで円貨換算します。

海外事務手数料(3.0%)!!!
そんな…………

はい、というわけで海外の両替ではクレジットカードのキャッシングが一番有利!ということでした。
次回からはこの方法でいこう……
はい、でも「自分の口座から直接引き出す安心感」はありますよね。クレカでキャッシングすること自体に抵抗感ある方も多いと思いますので、デビットカードでの引き出しはそれはそれで有効だと思います。

以上、海外でのデビットカード便利すぎる ということをざっとまとめてみました。
特にヨーロッパ、特にイギリスに行かれる際には絶対にあると便利なデビットカード
ロンドンから帰った妻も次回の旅行からはデビットカードを絶対作って持っていく!!と宣言していました。
皆様も海外旅行の際にはデビットカードを携行してみてはいかがでしょうか。

http://htn.to/bsDeCP

特別お題「2016年を買い物で振り返ろう」 sponsored by 三菱東京UFJ-VISAデビット

ディレクターのクリエイティビティ……媒介としての意識

※この記事ははてなディレクターアドベントカレンダー2016の12月9日の記事です。
昨日は id:yanbe による「大学院で身についたスキルのうち、はてなでの仕事で役に立ったもの」でした。

はてなブログ」や「はてなブログMedia」を担当していますプロデューサーの id:matsu_nao です。
今年40歳になった私ですが、インターネットに関わる仕事に就いてからはもう15年以上になります。
このエントリでは私のこれまでのキャリアを振り返りつつ、ディレクターという役割やバリューについて私なりに考えてみたいと思います。

これまでのキャリアを振り返って

そもそも私がこの業界に身を置いた最初は、映画情報のメルマガ+webメディアの企画兼広告営業という肩書で、コンテンツの運用から、タイアップ企画、配給会社や映像ソフトメーカーへの企画提案、コンテンツ素材の管理、など、サイト運営と営業に関わるほぼ全ての仕事を他数人のメンバーと担当していました。
時代的には2000年頃のことで、1999年にNTTドコモiモードを開始した直後くらいの時期で、上記のメディアもiモード向けに立ち上げられたものでした。
その後、iモードなどのキャリア公式サイトを運営する所謂コンテンツプロバイダに転職し、着メロ着うた、占い、情報サイト、ゲームと様々なジャンルのサイトの立ち上げや運用に携わりました。
この頃の私の肩書は「コンテンツディレクター」や「ゲームディレクター」といったもので、主な役割を挙げると

といったところになります。
簡単に言うと社外のステークホルダーへの提案や交渉が主な役割でした。
特に上記で挙げた企画やマーケティングにおいても、携帯キャリアに如何に取り挙げられるか、という点が最も重要で、そうした面も含め社外に向いた活動が役割の多くを占めていたと思います。

その後、大手SNS事業者に転職し、ここではディレクターとしてSNSの機能開発に携わることになります。
ここでの主な役割を挙げると

  • 調査/分析
  • 企画
  • 仕様の取りまとめ
  • 開発進行
  • 関係部署との調整

といったところでしょうか。
数千万人のユーザーに利用されるサービスを運用し、500人の社員を抱える企業でしたから、サービス内のユーザーに向けたマインドで思考するのが基本で、社外というよりも社内に向けた活動や調整に意識を向けることが多かったように思います。

媒介としての意識

コンテンツディレクターとして初期のキャリアを積んだ私ですが、その頃、常に考えていたのは、どんな「ヒト」や「モノ」を携帯のコンテンツにしたらハマるのかということで、そうした組み合わせやアレンジをひたすら考える日々を繰り返していました。
発想力、企画力というと、自分の内からアイデアが生まれでてくるような思考を思いがちですが、私の場合は常に「外」に対して着想を得る、「外の物事」から思考を展開するということをしていましたから、必然「媒介としての自分」という立場を意識して活動していたのだと思います。
その後、SNSの開発に携わる中でも「媒介」という意識はやはりあって、その対象が「ユーザーの行動」や「コミュニティの話題」といった自社のサービス内で起こっている物事に置き換わったり、或いは、組織の中における人やチームの「媒介」という面への関心が高まっていったのだと思います。

ディレクターのクリエイティビティ

プログラムを書くエンジニアでもなく、プロダクトに形を与えるデザイナーでもないプランナーやディレクターは、ともすると「非生産的」なロールとして見られがちです。
特に、はてなには企画力のあるエンジニアも多いですし、プロダクトに対して強固なビジョンを持ったデザイナーも多く、彼らの豊かな発想によって質の高いアウトプットが為されていると思います。
そんな中でプランナーやディレクターがどのようにしてバリューを発揮していくのか。それなりに長いプランナー/ディレクター経験を経た私も、はてなに入社してから自問自答することがありました。
そんな中で思ってきたのは、やはり「媒介」としての意識で、「ヒト・モノ・コト」をどうつないでいくか、ということでした。

優秀なエンジニアやデザイナーが作り出すプロダクトも、ユーザーのニーズに合致しなければスケールさせることはできないでしょうし、ビジネスと結びついて収益化できなければ維持していくこともままなりません。
優秀なメンバーも各々で行動していたら最適なパフォーマンスを発揮することはできないかもしれません。

そうした状況を取り持つところがディレクターの役割だと思います。そこで発揮されるスキルは一般的に「調整力」や「連携力」と表現され、そうした立場には「サーバントリーダー」といった言葉があてられます。
私は「調整」「連携」といったロールは「サーバント=奉仕」という言葉から想起される「裏方」イメージとはまた違ったもっとクリエイティブなロールであると思いますし、ディレクターのバリューが発揮されるのは、まさにそうした「媒介」を旨とするシーンにこそあるのだと個人的には思っています。

はてなブログ」の話

はてなブログ」は2011年11月にリリースされ、先日5周年を迎えました。
新サービス「はてなブログ」ベータ版を招待制でリリースしました - はてなブログ開発ブログ
はてなブログは5周年! これからも、思いや言葉を書き残す最高のプラットフォームを目指します - 週刊はてなブログ

「シンプルで、誰でも使えるブログサービス」を目指して開発を進めてきた「はてなブログ」ですが、5周年を経て、その在り方も変化していく途上にあると考えています。
膨大な数の記事が公開され、様々なブロガーさんが活躍するプラットフォームへ拡大してきた「はてなブログ」。
また、企業の利用にも適ったプラットフォームとしての「はてなブログMedia」を両立させる中で、新たな「ヒト・モノ・コト」の出会いが起き、促進される過程にあると感じています。
はてなブログ」や「はてなブログMedia」の開発の現場においても、エンジニア、デザイナー以外に、コンテンツやコミュニティの運営に携わる編集職やビジネス面を担当する営業職との関わりもより密になっています。
そうした様々な「ヒト・モノ・コト」が絡み合う状況の中にあって、ディレクターの「媒介」としてのパフォーマンスが非常に重要になっているとも感じています。

  • コンテンツと技術
  • 編集者とエンジニア
  • ユーザーと企業

様々な掛け合わせ、コラボレーションによって、どんな新しい価値を生み出せるのか、ディレクターとしてプロデューサーとして、プレッシャーを感じながらも大いに楽しみな6年目の「はてなブログ」です。

余談

ディレクターについて書いていながら、これはプロデューサーの視点や価値観が反映されているな……と自分で読み返して思いました。現在プロデューサーという立場にあるから、ということもあると思いますが、ディレクターにおいてもプロデューサー視点は必要だという思いがこのようなエントリを書かせたのかもしれません。

はてなディレクターアドベントカレンダーの明日の担当は、 id:jusei のなんと『奥様』の担当です。