読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

art × social × blog

日常のこと、スポーツやアートのこと、仕事のこと

ヴェネツィア路地散歩……霧の夜のバール巡り

食・グルメ 旅行

f:id:matsu_nao:20161101155414j:plain:w600
11月にミラノ、ヴェネツィア、ロンドンへと旅をしてきました。
今回はその中でヴェネツィアのことを書きたいと思います。
ミラノに滞在したあとヴェネツィアに移動して、一泊だけの滞在でしたがヴェネツィアを満喫してきました。

f:id:matsu_nao:20161101102459j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161101130640j:plain:w300
ミラノ〜ヴェネツィア間は電車移動で2時間半くらい。電車は事前にネットでeチケットを購入すると定価の半額くらいになるのでお得です。

f:id:matsu_nao:20161102094849j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161102094409j:plain:w300
ヴェネツィアへは自動車は規制されていて入れません。したがって主な交通手段は水上バス水上タクシー
街中を縱橫に細かい運河が張り巡らされていますが、その中でもグランカナル(大運河)と呼ばれる大きな運河を水上バスが運行していて、ちょうど街中をぐるっと回り込むような形で水上バスで移動できるようになっています。
上の写真は滞在したホテル近くのアカデミア橋(その右下に見えるのが水上バスの発着場です。)水上バスの路線図を見るとグランカナルが街中をぐるりと回り込んでいる様子が分かります。

f:id:matsu_nao:20161101143030j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161101143133j:plain:w300
f:id:matsu_nao:20161101144038j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161101143513j:plain:w300
ホテルで一休みした後は徒歩でサンマルコ広場へ。(ホテルから広場までは徒歩で10〜15分くらい)

f:id:matsu_nao:20161101145119j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161101145558j:plain:w300
広場に面した一角にある「カフェ・フローリアン」
1720年に創業したヴェネツィアで最も古いカフェで、カフェラテ発祥のお店といわれているそうです。

f:id:matsu_nao:20161101161054j:plain:w200f:id:matsu_nao:20161101160959j:plain:w200
ヴェネツィアといったらこれですね、ゴンドラ。
細かな運河を辿って、街の裏側を見るような感覚は試してみる価値はあると思いました。(それなりに高額ですが……)

f:id:matsu_nao:20161101155911j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161101155205j:plain:w300
リアルト橋は工事中で反対側から見ると完全にDIESELの広告で覆われていたのですが(写真は撮り忘れてしまいました。)このリアルト橋の修復プロジェクトにDIESELの創始者が出資しているからなんですね。(なるほど)

f:id:matsu_nao:20161102092556j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161102091512j:plain:w300
滞在したアカデミア美術館近くのホテルです。中心部から少しだけ外れているので人混みもなく静かなエリアでした。

f:id:matsu_nao:20161101204426j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161101205505j:plain:w300
夜はホテルの近くを散策しながらバール巡り…
ヴェネツィアらしい霧の夜で、雰囲気は最高。上の写真は地元の人で賑わっていた運河沿いのバール。まだ18時頃で日本に較べて夜が遅い当地は珍しく早い時間から混んでいるお店でした。

f:id:matsu_nao:20161101202733j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161101194042j:plain:w300
f:id:matsu_nao:20161101194215j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161101194626j:plain:w300
f:id:matsu_nao:20161101192444j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161101192451j:plain:w300
夕食は予め行くと決めていたオステリアへ。
魚介がオススメのお店ですが、特にテーブル前で調理するスズキのカルパッチョがイチオシということで早速オーダーしました。目の前でご主人が捌てくれるのですが……板前さんの包丁捌きを見慣れた日本人からすると、ちょっと雑に見えるパフォーマンス(苦笑)
とはいえ、味は最高でした。イカスミのバスタも美味しかった!(さすが海の街ヴェネツィア

食後も霧の街をぶらぶら……

f:id:matsu_nao:20161101203455j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161101210628j:plain:w300
f:id:matsu_nao:20161101215646j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161101221747j:plain:w300

良さげなお店が幾つかあったのですが、満席で入れなかったりラストオーダー後だったりで、結局ホテル近くのバールにもう1軒だけ寄ってヴェネツィアの夜は終了と相成りました。

こちらは一番気になった満席で行列していたお店

ホテル近くのバール(深夜まで営業しているカジュアルな感じのお店でした)上の写真のブルスケッタは美味しかった!

f:id:matsu_nao:20161102092914j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161102093244j:plain:w300
f:id:matsu_nao:20161102093253j:plain:w300f:id:matsu_nao:20161102103225j:plain:w300
翌朝、夜は閉まっていたバールが空いているのを発見したので迷わず突撃。とても良い雰囲気のお店だっただけに夜行けなかったのが残念……
そういえばヴェネツィア来たのにジェラート食べてない!と思って帰りのサンタルチア駅ではGROMに駆け込んでジェラートを購入(当然ながら美味しかったです)

そんなわけで、食べて飲んで歩いて……な、ヴェネツィア道中でした。
やはり一泊では全然足りなかったので、次はもう少しゆっくり滞在したい!

マイホーム購入から1年……を買い物で振り返る

はてなブログ

昨年の7月に家を購入して引っ越しました。
いわゆる一生で最大の買い物をしたわけですが……
実際のところウン十年のローンという途方もないスケールのお陰で大きな買い物をしたという実感は思いのほか薄いもので、どちらかというと引っ越し後に買い直したり、買い足した家財のほうがリアルに「大きな買い物シリーズ」感があったのではないかと思っています。
ここで引越し後の「買い物履歴」を振り返ってみたいと思い至り、楽天市場Amazonの購入履歴を紐解きながら、実際に書き出してみました。

家電

まずは何といっても家電ですね。
生活には欠かせないものですし、引っ越しのような大きなイベントがなければ一気に買い替えたりもしないもので、この機会にいろいろ買い直したものもありました。
特に夏の引っ越しだったこともあってエアコンの購入・設置は死活問題でもあり、一方でエアコンの設置業者は1年を通じての一番のピーク時ということもあって、なかなか工事の予約が折り合いつかずに苦戦したことが思い出されます。
購入した家電の中で特に気に入っているのはエレクトロラックスエルゴラピード、掃除機ですね。
新居は3階建てということもあって、階段の掃除だけでもなかなか難儀なわけですが、この本体から切り離してハンディクリーナーとして使えるエルゴラピードは購入して大正解のチョイスでした。もはや、これなしでは我が家の階段の平穏はなかったと言えます。

洗濯機

kakaku.com

エアコン×3

kakaku.com
kakaku.com
kakaku.com

掃除機

kakaku.com

空気清浄機

kakaku.com

インテリア・寝具

購入した新居はモデルルームとして公開されていたので、モデルルーム用に設置されていたインテリアをそのまま譲り受けることができ、下記に挙げたほかには幾つかラックやシェルフを購入しただけで、インテリアの新規購入は意外に少なく済んだのは助かりました。
そんな中で購入したソファーとベッドは、いずれも気に入っていて、これもまた購入して良かった品々でした。
特にベッド!
当初はシモンズを買おうと思っていたのですが、実際に店舗で横になってみて、一発で決めたのはサータのマットレスでした。
出張が多いおかげで、いろいろなホテルで様々なベッドを試した結果、私には絶対に硬めのマットレスが合うと確信し、試したのもわりと硬めのコイルマットレスでしたが、その中でも抜群に相性が良かったのがサータでした。
新居での安眠は今もサータによって守られています。

自転車・アウトドア

最後に新居は職場からおよそ12kmの距離にあるのですが、自転車通勤を続けたかった私はそれまでのクロスバイクを諦め、ロードバイクを新規に購入したのでした。
購入したのはBianchiのIMPULSO。
Bianchi以外にもいろいろ考えたのですが、結果やはり長年愛用してきたBianchiからは離れられず、アルミフレームながら比較的軽量なIMPULSOを選びました。フレームをアルミにした分、コンポーネントは少しだけ頑張ってシマノ105に。(いや、105快適で最高です!)
さすがに片道12kmの道のりなので毎日とはいきませんが、天気と体調と予定が許す限りは最大限、自転車で通うと決めて頑張っています。
実際、何年も自転車通勤をしているので電車での通勤は苦痛でしかなく、自転車通勤はなるべく維持したいと考えています。
また自転車の購入に合わせて、通勤用のバックパックとして久しぶりにCote&CielのIsarを購入。こちらも日々の通勤で活躍しています。
またカリマーのリッジは
山行報告:上高地〜涸沢カール - art × social × blog
こちらの記事に書いた涸沢行きに合わせて購入したものです。

バッグ

www.digitalgrapher.com
www.karrimor.jp


今回はおよそ1万円以上の「買い物」について振り返ってみました。
新生活に出費はつきものですが、いやはや、なかなかに「買い物三昧」な1年でした。
そして、上記の多くを実は楽天市場で購入しており、その甲斐もあってか、めでたく今年は「プラチナ会員」になることも出来ました。
楽天トラベルには出張でお世話になり、引っ越しに際しては楽天市場にお世話になり、貯蓄の運用には楽天証券にまでお世話になっている、楽天漬けになりつつある、近年の私でありました。

追記:表札!!

そういえば我が家の表札も楽天市場で購入したのでした。
「表札とかどこで買えばいいんだ……」と悩んだのも束の間、楽天市場に行けばいろいろあるじゃん!と気づいて、その中から選んだのが下記の表札でした。
item.rakuten.co.jp



それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

ツール終幕。グライペルがついにステージ勝利:ツール・ド・フランス2016第21ステージ

スポーツ ロードレース ツール・ド・フランス2016

ツール・ド・フランス2016

3週間にわたるツールドフランスのドラマも最終章となりました。最終日となる今日はパリまでの凱旋。穏やかなパレードランとパリ市内の周回コースに入ってからはスプリンターたちの最後の勝負が繰り広げられます。

www.jsports.co.jp
http://www.jsports.co.jp/cycle/tour/share/img/stage/img_profile_21.jpg

様々なドラマが繰り広げられたツールドフランス2016もいよいよフィナーレとなります。
通例、最終ステージではゴールスプリントに向けた攻防以外はレースとしての争いは控えられ、3週間の険しい道のりを走りきった選手たちを温かくパリに迎え入れるパレードランが展開されます。

パレードの中心は言わずもがなですが、マイヨ・ジョーヌを擁する優勝チーム。
今回もスカイの選手たちはマイヨ・ジョーヌに合わせた黄色のアクセントでデザインされた特別なジャージをまとい、同じく黄色をあしらったヘルメットやバーテープで、マイヨ・ジョーヌを讃えパレードランを盛り上げます。
これまでの3週間の緊張感から解放され、スカイの選手たちの手にはシャンパングラスがあったりします。(もちろんアクチュアルスタート前のニュートラル時の話です)

レース中にこんなツイートが流れるのも最終ステージならでは、かもしれません。


さて、上記で「通例は…」と書きましたが、最終ステージも必ずしもスプリント争いになるとは限りません。
2005年にはアレクサンドル・ヴィノクロフが周回コースのラスト1周で抜け出し、そのまま逃げ切り優勝を飾っていますし、1982年は(これは厳密にはゴールスプリント勝負ですが)ベルナール・イノーマイヨ・ジョーヌ着用者であるにも関わらず、途中でアタックを仕掛け、さらにその後のゴールスプリントも制してステージ優勝してしまった……というような劇的な展開がありました。
また、1989年にはなんと最終日に個人タイムトライアルが実施され、しかも、そのステージの結果で首位を逆転しマイヨ・ジョーヌを獲得したグレッグ・レモンの例もあります。※シャンゼリゼ通り (ツール・ド・フランス) - Wikipedia

さて、では今年は……というと、例年通りのパレードランがパリの周回コースに入るまで続き、周回コースからゴールまでは猛烈なスピードで駆け抜け、そのままスプリントに雪崩れ込むという一般的なツール最終日の展開が踏襲されます。

そんな中、今日特に不運に見舞われたのはエティクス・クイックステップ
まずトニー・マルティンですが、周回コースに入る手前でなんとリタイア!
3週間走り続けてきて、あと残り40km余りのところで膝の痛みを感じてリタイアとのこと。
リオオリンピックを睨んで大事をとって……ということですが、それにしてもこのタイミングでのリタイアは無念ですね。今大会では個人成績としても奮わなかった上でのリタイアとあって、マルティン自身も不完全燃焼だったに違いありません。是非、リオオリンピックでは再び圧倒的な力で個人タイムトライアルを制して欲しいと期待します。

次にマルセル・キッテルですが、周回コースに入ってからのメカトラブル発生。チームカーからサブバイクを手渡されて、それに跨って走り出すものの、このサブバイクも後輪にトラブルがあり、後輪を取り替えるハメに……
こんなアクシデントが2重に積み重なることが果たしてあるのか!?と思いたくなるくらい、このトラブルはあまりに不運でした。結果キッテルはこのアクシンデントによりメイン集団から1分以上のタイムを失い、その後何とか集団に復帰はするものの、ゴールスプリントで他のライバルに使うはずだった足を浪費し、最終的にゴールスプリントにはほぼ絡めなかったというのは本人もロードレースファンにとっても残念な出来事でした。

そんなエティクス・クイックステップの悲劇とは関係なく、メイン集団は順調に周回コースを回って行きます。
各チームとも、何とかエースを有利な位置でスプリントに持ち込むべく、トレインを組んで猛烈なスピードでシャンゼリゼの石畳ももろともせずに走っていきます。
しかし、最終局面まで有効なトレインを組めたチームはなく、最終的には個々のエースが自力でぶつかり合うガチスプリントに雪崩れ込んでいきます。
クリストフがやや先行し、それをグライペルがかわす……しかし、グライペルの後方から猛烈に追い上げるサガン
最終的にサガンの追い上げは一歩届かず、グライペルがステージ勝利!!
今大会ではまだ未勝利だったグライペルが最後の最後でステージ優勝。カヴェンディッシュ、キッテル、サガンらと並ぶ現役最強スプリンターの一角を自分が占めることをあらためて示したステージ勝利でした。

さて、3週間にわたるツールドフランスの戦いも今日で終焉となりました。
今大会、様々な事件や波乱があったものの、振り返ればフルームとスカイの圧倒的な力が目立った大会でもありました。
そんなスカイの9人が並んで肩を組み、シャンゼリゼのゴールに向かう姿は自信に満ち溢れ、なんとも印象深いものでした。
8月に入ると今度はリオオリンピックが始まります。
ツールで活躍した選手はもちろんですが、ツールでは無念な結果に終わった選手もツール以上のパフォーマンスで大会を盛り上げてくれることを期待します。

hatenablog.com
jsports-cycle.hatenablog.com