読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

art × social × blog

日常のこと、スポーツやアートのこと、仕事のこと

2015年の観劇まとめ

アート 演劇

2015年に足を運んだ舞台は以下の通り

  • 2月:NODA MAP「エッグ」
  • 3月:フィレンツェの麦わら帽子
  • 9月:アンドレア・シェニエ
  • 11月:ブロッケンの妖怪
  • 12月:仮面舞踏会
  • 12月:ツインズ
  • 番外:11月:NTライブビューイング「ハムレット


2014年は9本だったので、今年は全然及ばず。
合計本数もそうですが、6本中3本が妻の出演舞台やその関連の公演なので、今年はだいぶ劇場から遠ざかってしまいました……

今年前半は家探し〜家の購入に忙しく、週末の予定がなかなか立たなかったので仕方ない状況ではありました。
結果的にオペラを観る機会が多かったのですが、「フィレンツェの麦わら帽子」は国立音楽大学OBOGによるキャストが素晴らしかったですし、「仮面舞踏会」も粟國淳さんの演出が実にオペラらしいダイナミックなもので非常に見応えのある舞台でした。

そんな中で「番外」に入れましたがロンドンのナショナルシアターのライブビューイング「ハムレット」は本当に良かった。
絶対にロンドンでライブで観たい!という気持ちになりました。
もう、装置も演出もキャストの演技も、全てが次元が違う感じで、「こんな演劇の世界があるのか!!!」と、まさに衝撃を受けました。
ナショナルシアターの公演を映像でちゃんと観たのは初めてだったわけですが、とりあえず来年予定されているナショナルシアターのライブビューイングは隈なく観たいくらいの気持ちです。
www.vogue.co.jp

国内の演劇ですと、今年はNODA MAP「エッグ」から始まり「ブロッケンの妖怪」「ツインズ」と3本だけでしたが、野田秀樹倉持裕長塚圭史、とをしっかり押さえられたのは良かったです。いずれも見応えのある舞台だったと思います。

ちなみに来年1本目と思ってたNODA MAP「逆鱗」はまだチケット入手できず……(なんとか入手すべく奔走しています。
来年こそは月1観劇を全うしたいと思う、2015年の年末でした。