art × social × blog

日常のこと、スポーツやアートのこと、仕事のこと

台北のカフェ巡り!レベルの高いカフェが多くてさすが茶藝の国、台湾

今回で3度目の台湾・台北旅行となるのですが、今回は「カフェ巡りをしよう!」と決めていました。
前回の台北旅行でもカフェは目立ちましたし、まぁ「茶藝文化」の国なので、カフェもレベル高いのだろうな…とは想像していましたが、実際に調べてみると魅力的なカフェが本当に多い!
結局3日間の滞在で合計6軒のカフェに立ち寄りました。(3日目は時間もあったのでなんと4軒も巡り……これはさすがに妻にも呆れられ……)

FikaFikaCafe

f:id:matsu_nao:20160627152735j:plain:w400
2013年にバリスタ世界チャンピオンになった方がオーナーを務めるお店ということでしたが、天井が高くて開放感のある、とても居心地の良いお店でした。
今回いずれのカフェも平日の昼間ということでわりと空いていたのですが、このFikaFikaCafeだけはとても混んでいました。
このカフェで隣に座ったのが現地の年配のご夫妻だったのですが、台湾のカフェって若者はもちろん多いですが、わりと年配の方も来られてるんですね。さすがお茶文化の国…といったところでしょうか。

f:id:matsu_nao:20160627145857j:plain:w300
f:id:matsu_nao:20160627152728j:plain:w300

好丘

f:id:matsu_nao:20160628102233j:plain:w400
101のすぐ側にある「四四南村」という昔の住居を保存したエリアの中にある雑貨店&カフェです。
こちらに来たのはalisanproject.com - をこの好丘が扱っているということでカフェというよりもコーヒーを書いにいったついでにカフェにも立ち寄ったという感じです。
この好丘、コーヒーというよりもベーグルが有名なようですね。
ほんとはカフェでベーグルをいただきたかったのですが、売っているベーグルの多くはテイクアウトonlyということで、こちらではカフェラテだけをいただき、購入したベーグルは日本に帰ってからいただきました。(パイナップルのベーグルも美味しかったです)

f:id:matsu_nao:20160628104055j:plain:w300
f:id:matsu_nao:20160628110653j:plain:w400

好丘で購入した阿里山コーヒーと阿里山コーヒーのキャラメルはこちら
f:id:matsu_nao:20160702201959j:plain:w400
www.fashionsnap.com

All Day Roasting Company

f:id:matsu_nao:20160629102334j:plain:w400
今回台北で巡ったカフェの中で個人的に一番だったのがこのAll Day Roasting Companyでした。
taiwan55.com

コーヒーの抽出に「Steampunk」という特別なマシーンを使っていたりと、とりわけこだわりの多いお店のようなのですが……
いや、実際に美味しかった!!
ここでは、その日のオススメだったケニア産のコーヒーと、ヘイゼルナッツフレーバーのカフェラテを頼んだのですが、ケニアはとにかくスッキリとしたドリップで、紅茶のような軽い飲み口が非常に印象的でしたし、カフェラテも異常に飲みやすい軽さと絶妙な甘さ、ヘイゼルナッツフレーバーとか、どうしても甘すぎになってしまう印象がありますが、実に飲みやすいカフェラテでした。
サニーヒルズの近くということもあって、おそらくこれから台北に行ったら必ず再訪するカフェになりそうです。

f:id:matsu_nao:20160629103737j:plain:w300
f:id:matsu_nao:20160629103803j:plain:w400
f:id:matsu_nao:20160629103200j:plain:w400
f:id:matsu_nao:20160629103204j:plain:w400

Café Junkies

f:id:matsu_nao:20160629124534j:plain:w400
點水樓でランチを済ませた後に、すぐ近くということで立ち寄ったCafé Junkies。
空いてたのが、子供用?という感じの低いテーブルとイスの席で、まぁ仕方ないかぁ……ということで少し違和感を感じながらも小さいイスにこじんまりと座ってコーヒーをいただきました。(あ、実際に子供用というわけではなかったようですよw)
で、ここで頼んだのが、「橘子汽水咖啡」……なんとこれ、エスプレッソをファンタオレンジで割った飲み物なんです!!
旅々台北【早朝からコーヒーを Café Junkies】
こちらの記事でオススメされてたので、せっかくだし……と思って頼んでみました。
正直個人の感覚によるかな、とは思いましたが私はOKでした。
コーヒーの苦さにオレンジの酸味や苦味が融け合っていて、これはこれでアリだな(台北の暑さという要因もあったと思います)と思いました。
思いのほか居心地もよかったですし、カジュアルな感じのカフェで立地もよい、案外また再訪したくなるお店かもしれません。

f:id:matsu_nao:20160629125754j:plain:w300
f:id:matsu_nao:20160629124549j:plain:w400

Fujin Tree 353 CAFE

f:id:matsu_nao:20160629134647j:plain:w400
前日一緒だった台北の知人に「カフェ回ろうと思ってるんだ」と言ったところ「富錦街に行くの?」と聞かれたくらい、今や台北のオシャレカフェエリアとしても知られた富錦街を代表するカフェです。
平日の昼間だったので、比較的空いていて、ゆっくりとキャラメルマキアートを飲みながらくつろげました。
他のカフェだと、わりと大きな声で会話している人が多かったりしたのですが、このFujin Tree 353 CAFEは静かで落ち着いたお店でした。(思わず長居してしまいそうな居心地の良さ……)
コーヒーの美味しさはAll Day Roasting Companyに譲るものの、居心地の良さ、という点では今回巡ったカフェの中では一番だったと思います。
f:id:matsu_nao:20160629140125j:plain:w400
f:id:matsu_nao:20160629140019j:plain:w400

ちなみに富錦街を歩いていると、この Fujin Tree CAFE ブランドのかき氷屋さんもありました。

f:id:matsu_nao:20160629145740j:plain:w400
f:id:matsu_nao:20160629145721j:plain:w400

BEANS & BEATS

f:id:matsu_nao:20160629134441j:plain:w400
富錦街を一通り歩いて、最後に立ち寄ったのがこのBEANS & BEATS
お店の奥にスタジオがあったり、地下はレコードショップになっていたり、音楽押しのカフェで、ここではエスプレッソ+レモネードをいただきました。
Café Junkiesのオレンジファンタコーヒーもそうなんですが、やはり暑い国なのでこのような独特なコーヒーのアレンジが生まれるのですね。
実際、どのカフェも日本に比べると普通のドリップコーヒーよりもカフェラテやカプチーノを押しているのもアイスで楽しめる……といった観点があるのかもしれません。

f:id:matsu_nao:20160629150815j:plain:w400
f:id:matsu_nao:20160629150507j:plain:w400